審査の甘いカードローンは闇金なので絶対にダメ!

カードローンを利用するならば利便性に優れた借りやすいカードローンがいいです。

 

「借りやすい」という言葉の意味として、利便性に優れていて借りやすいという意味と、審査が甘いといった審査が通りやすくて借りやすいという意味も含まれているでしょう。

 

でも、審査が甘いカードローンというのは基本的に探さないほうが良いでしょう。

 

×

 

審査が甘いカードローンを探している人と言えば、すでに長期延滞をしたことにより所謂ブラックという状態であったり、仕事をしていない無職であったりニートという状態にある人でしょう。

 

基本的にこういったブラックや無職、ニートの方はまともな消費者金融からはお金を借りることが出来ません。返済してもらえる見込みがないですからね。

 

もしかしてくれるとすれば、それは闇金しかないでしょう。審査が甘いカードローンを探している人が行き着く先は闇金なのです。

 

闇金は確かに、身分証明書とかだけで無審査で少額のお金ならば貸してくれる可能性はあります。10日で10%の利子だったり、20%の利子という超高金利で貸し付けするのです。

 

10万円を10日間借りただけで、1万とか2万とかの利息を支払わないといけないのです。こんなの絶対に続けていけるはずがありませんよね。

 

闇金から借りたお金は、違法なので不法原因給付ということになり返済しなくてもいいです。

 

とはいっても、そもそも違法ということが分かっている闇金なので、そう簡単に返済しないというだけで終わらせてくれるわけはありません。厳しい取り立ては間違いなくあるでしょうね。

 

「この業者大丈夫かな?」という時は、日本貸金業協会の「闇金被害の実例と悪質業者の検索」というページがありますので、こちらで闇金など悪質業者の検索ができます。

 

こちらで、闇金業者なのかとかちゃんとした正規の登録業者なのかを確認するといいでしょう。

 

まあ、そもそもあまり聞いたことのないような業者ではなく大手のだれもが効いたことある業者を利用するのが1番間違いないですけどね。

 

で、ブラックの方や無職、ニートの方はお金を借りると言事自体を諦めましょう。何か不用品を売ったり、日払いのバイトなどをしてお金を作るようにして下さい。

 

審査が甘いという意味で借りやすいカードローンを探しているのではなく、利便性に優れていて借りやすいカードローンを探している方は以下を読み進めてください。

 

利便性に優れている借りやすいカードローン

利便性が優れていて借りやすいカードローンはいくつかあります。

 

まず借りやすいと言えばわざわざ来店することなくネット申し込みできたり、実際に借り入れするときに提携ATMなどが多くて借りやすいなどがあります。

 

こういった借りやすいというのを満たせるのが、大手の消費者金融になります。

 

中小の消費者金融は申し込みするのに来店しないといけなかったり、契約後にまたお金が必要になったときは、ネット上で振込指示が出来ず電話でお願いしないといけなかったりとちょっと借りやすいとは言えない状態です。

 

大手だと審査も20時ぐらいまでに申し込みしておけば、スムーズに審査が進めば当日中に審査結果が分かって借り入れすることが出来ますし、振込キャッシングも金融機関によっては土日・祝日でも振込してもらうことが出来るのです。

 

コンビニATMでキャッシングすることもできるので、借りる側からするとすごく便利だと言えるでしょう。

 

家に居ながらにしてスマホで契約までが完了して、ローンカードが送られてくるのを待つことなく、銀行口座に振込キャッシングとなれば明らかに借りやすいですね。

 

そこで、利便性に優れている借りやすカードローンを以下で紹介しますね。

 

プロミス

プロミスは数ある消費者金融の中でも最も利便性に優れていると言えます。

 

何故かというと、申し込みから契約までネットですべて完結する上、カードレスで振込キャッシングも可能ですし、アプリをスマホにダウンロードして、そのアプリを使ってセブン銀行ATMから借入することもできるのです。

 

振込キャッシングの場合は、三井住友銀行やジャパンネット銀行など全国200の金融機関で24時間365日振込してもらえるのです。

 

ですので、自分の銀行口座がその200ほどの金融機関に入っていたら、いつでも振込してもらえて、銀行ATMやコンビニATMで引き出せばいいだけになります。

 

アプリを使う場合は、契約後にスマホにプロミスのアプリをダウンロードします。

 

そして近くのセブンイレブン内にあるセブン銀行ATMに行き、アプリを操作することによりキャッシングすることが出来るということになります。

 

借り手の利便性を凄く考えてくれているのがプロミスですね。

 

とても借りやすいカードローンと言えるでしょう。カードローンと言ってもカードレスで利用できるので、カードローンというのが正しいかどうかは謎ですが(笑)

 

ちなみに、カードレスで利用していた後に、やっぱりローンカードが欲しいという場合は発行することが出来ますよ。

 

 

アコム

アコムも借りやすい消費者金融です。

 

アコムは「3秒診断」というのが用意されていて、3項目の入力で借り入れ可能かすぐに診断できるようになっています。

 

簡易の審査ではありますが、自分が借りれるかどうか?という目安が分かるのでありがたいですね。

 

また、ネットで申し込みから契約までも完了します。

 

契約後は楽天銀行に口座を持っている方なら、24時間最短1分で振込が完了してしまいます。

 

三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行も振込できる時間が結構遅くまで可能となっています。

 

平日とかだと23時49分までなら受付完了から1分程度で振込できます。

 

その他の銀行でも振込時間拡大をしている金融機関もありますよ。

 

 

レイクALSA

レイクALSAもカードレスで借り入れができます。

 

プロミスと同じようにレイクALSAのアプリをダウンロードして、セブン銀行ATMに行くことによりアプリでカードレスでキャッシングすることが出来るのです。

 

カードレスなので郵送物もありませんからね。

 

また、多くの銀行で深夜まで振込してもらうことが可能となっています。一部の銀行では深夜帯や土日祝日はNGとなっていますが。

 

21時までに契約手続きが完了しておくことにより、当日中の振り込みが可能となっています。日曜日に関しては18時までとなります。

 

この時間に関しては審査や必要書類の確認など契約に関するすべてが完了している時間になります。

 

ですので、審査がスムーズに行く場合でもこの時間の1時間前までには申し込みしておいたほうが良いでしょう。

 

申し込みブラックにならないように注意する

とりあえずお金を借りたいということから、複数のカードローンの一気に申し込みする人もいます。

 

どこかの審査に通って借りれればいいなという考えで。

 

でも、短期間のうちに複数のカードローンに申し込みしてしまうと、「申し込みブラック」と言われる状態になってしまいます。

 

この申し込みブラックになると、一時的にカードローンの審査に通りにくくなってしまいます。

 

どこかの審査に通ればいいと思って、複数申し込みしたのが逆効果になってしまうのです。

 

この申し込みブラックという状態にならないように、複数のカードローンに一気に申し込みするのはやめておきましょう。

 

もし、過去にこのように複数同時に申し込みしたことにより、申し込みブラックという状態になってしまった方は、もう仕込みブラックは個人情報信用機関から消えるのが6か月程度ですので、半年以上期間を開けてからまた申し込みするといいでしょう。

 

申し込みブラックという状態が何社に申し込めばなるのか?と言えば、各記入機関によって違うので一概に言えませんが、1か月間に4〜5社程度に申し込みすることによりなります。あくまで目安です。

 

専業主婦の方が借りやすいのは銀行

専業主婦の方は総量規制があるので、ほとんどの消費者金融では借り入れすることが出来ません。

 

配偶者貸付と言って専業主婦でも利用できるようにしているのが、ベルーナノーティスになりますが、配偶者の承諾書などが必要になり、いろいろと書類の提出なども必要で借りやすいとは言えません。

 

専業主婦の方がお金を借りるなら、総量規制対象外の銀行カードローンを利用するようになります。ただ、銀行ならどこでもいいというわけではなく一部の銀行に限られます。

 

で、専業主婦の方でも借りやすい銀行カードローンとなれば、「楽天銀行」か「イオン銀行」といったところになるでしょう。

 

ただ、どちらも即日融資は無理ですので、実際にお金を借りるまでにそれなりに時間がかかるというのは頭に入れておきましょう。

 

イオン銀行の場合、イオンカードにキャッシング機能を付帯するようになるため、イオンカード自体をそもそも持っていない場合はかなり時間がかかり、カードの受け取りまでに1か月程度の時間がかかります。

 

消費者金融のように借りやすいというわけではありませんが、専業主婦の方が利用するのならこういった一部の銀行に限定されますね。

 

学生が借りやすいのは消費者金融

学生でもお金を借りたいという人はいるでしょう。

 

そもそも学生でも利用できるカードローンはあるのか?ということですが、消費者金融でも銀行カードローンでも20歳以上でアルバイトをしているのならば、審査の上利用することが出来ます。

 

残念ながら未成年の方やアルバイトをしていない無職状態の方は利用することが出来ません。

 

でも、学生という時点で審査には若干通りにくいと言えます。基本的にアルバイト収入だけですし、学校に行きながらのアルバイトなのでそんなに高い給料をもらうこともできないでしょうからね。

 

ですので、そもそも審査がかなり厳しい銀行カードローンは避けておいたほうが良いです。とりあえず銀行がいいからと言って、いろんな銀行に申し込みばかりしていたら申し込みブラックになって、お金を借りるという目的から離れてしまいます。

 

ですので、学生の方は銀行に固執せず最初から消費者金融に申し込みしたほうが良いでしょう。

 

嘘の情報で申し込みは絶対にNG

とりあえず審査に通りたいという方が嘘の情報で申し込みするのは絶対にNGです。

 

例えば他社借り入れがあるのに、他社借り入れ0件にしたり、年収をちょっと多めに書いたり、今は働いていないのに以前働いていた職場で働いていることにするといったような嘘があります。

 

正直こういう嘘はすぐにばれてしまいます。

 

で、嘘がばれた時点で審査には通らないですからね。普通に真実のことだと、限度額は低くても借りれたのに、嘘を書いてしまったために審査自体に落ちてしまうということもあります。

 

なので、絶対に嘘の情報でのもう塩見はやめておきましょう。